Embodied Media Project / Liminal Expressions Group 「Recombinant」

--

ANB Tokyoでは、6月24日(金)から26日(日)の3日間、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科[KMD] Embodied Media Project による展示会を開催します。

この展示では、Cybernetic Being Project で行われている研究の中でも特に表現や体験創造の領域で得られた成果について、広く一般に紹介をすることを目的としています。 我々は、Cybernetic Avatar という広範囲に及ぶ概念の中でも特にメディア技術によって作られる人間の存在感、自己認識の新しい形、またそれらによってどういった体感や体験を生み出すことができるのかを実践的に探索してきました。 既存のメディア表現をどのように拡張できるのか、ライブコンサート、記録音楽、メディア・アート、VRゲームなど、コンテンツにおける Cybernetic Avatar という概念の応用の可能性を示すものとしての意味があるものと考えます。

This exhibition presents the results of research conducted by Liminal_Expressions group and Cybernetic being Project, particularly in the areas of expression and experience creation. We have been practically exploring the broad concept of Cybernetic Avatar, in particular, new forms of human presence and self-awareness created by media technologies, and how they can create experiences and sensations.We believe that the concept of Cybernetic Avatar is significant in showing how existing media representations can be extended, and the potential applications of the concept in content such as live concerts, recorded music, media art, and VR games.

会  期|2022年6月24日(金)~26日(日)

会  場|ANB Tokyo 3F+4F

住  所|港区六本木5-2-4(六本木駅から徒歩3分)

開催時間|10:00〜18:00

入 場 料|無料 (Free)

[協力]
運営アシスタント: ルーカス=小笠原, 田邊聡美
ポスタービジュアル・デザイン: イヴァナ=チャロスカ
広報: 齋藤達也, ルーカス=小笠原

[Supporting Member]
Project Manager Assistant: Lucas Ogasawara, Satomi Tanabe
Poster Visual Designer: Ivana +her sir-name
Public Relation Manager: Saito Tatsuya, Lucas Ogasawara

展示作品/Works

Innermost Echoes is a mixed-media installation work which explores novel physiologically-driven performance practices. Prior recorded physiological data from a performer (Danny Hynds) will loop and manipulate two unattended musical instruments (robotic koto and Eurorack synthesizer), thereby affording a sense of freedom and autonomy to the objects themselves. In a sense, the prior presence of the performer will act as a vessel or avatar to guide the instruments.

この作品は、ライブパフォーマンスに生理学的センサーを組み込むことで、様々な音楽演奏やパフォーマンスのあり方を探る即興パフォーマンス・シリーズである。箏の演奏者である宇山葵が、機械制御の箏とEurorackシンセサイザー(Danny Hyndsによる演奏)と共に、即興演奏を行う。二人のパフォーマーのリアルタイム計測された生理学的データを演奏に組み込む箏で、計測データと生演奏の間のフィードバックループを作り出す。それによってパフォーマの存在が機械制御の箏に反映され、両アーティストの存在がその機械制御の箏に乗り移る。ライブ・パフォーマンスにおけるパフォーマーの身体性や存在感を探求することを目的としている。

Utilizing physiological data of audiences at live music concerts recorded in the past, the project attempts to share experiences among audiences that exist in different time frames and different spaces. Generally, a live experience is an experience that can only be obtained at that specific place and time, but this work represents and shares the experience that allows people to feel the liveness bound by time and place without necessarily being present at that place.

過去に収録された音楽ライブの観客の生理データを活用し、異なる時間軸に存在する観客間で体験を共有することを試みている。一般的にライブ体験とは、その場所、その時間にしか得られない体験であるが、この展示では、必ずしもその場所にいなくても、時間や場所に縛られた「ライブ」体験ができる共有体験型サイバネティックアバターの一例として紹介する。

Transcendental Avatar is an interactive installation that shows participants' body shapes created by biofeedback data (physiological sensing) in real-time. How can we affect art installation? Integration into art, where the participant is an integral part of the exhibition.

参加者の動きに合わせてプロジェクターで壁に映像を投影し、サウンドや映像を変化させることで、参加者がインスタレーションとインタラクションすることができる体験型の作品である。また、スクリーンに映し出される自然界の要素は、参加者のバイオフィードバックと連動し、心拍数の変化に合わせて変化する。インスタレーションの世界観は、鳥、森、川辺など「自然とのつながり」。自然界の音や写真に基づいたオーディオビジュアルが展開される。

Ephemeral Counterpoint is a mixed-media installation which utilizes obsolete technologies as a vehicle for exploring the fragile and evolving relationship between recorded media and memory. Several discreetly placed webcams will broadcast the work to an interactive website which will allow for the convergence of the digital and the analog.

Ephemeral Counterpointは、メディア上の記録と記憶のの関係性を探る手段として、デジタル技術以前のテクノロジーを利用したミクストメディアのインスタレーションである。ウェブカメラによって、遠隔地にいる観客も参加することができ、デジタルとアナログの融合を可能にするインタラクティブコンテンツも同時に配信する。

カリフォルニア大学大学院ロサンゼルス校芸術学科修了、東京芸術大学映像研究科(博士・映像メディア学)。人間の知覚や認知についての洞察とメディアテクノロジーによるその拡張を研究の軸として、コマーシャル、プロダクトデザイン、コンセプト設計、テレビ、書籍、展示等多岐にわたる領域で表現活動を行なっている。
Saito holds Ph D. in New Media from Tokyo University of the Arts. His research focuses on insights into human perception and cognition and their extension through media technology, and his expressive activities span a wide range of fields including commercials, product design, concept design, television, books, and exhibitions.

ヤン・ヘ。中国、重慶市出身、1997年9月21日生まれ。CUC(Communication University of China)にてデジタルメディアテクノロジー・デジタルメディアアート専攻、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科卒業。彼女の作品は、官能性、感情の知覚、理解、コミュニケーションをテーマとしている。2020から2022年まで、感情を共有するための 3 つの実験的なコンサートを企画・制作。現在、マルチメディアやテクノロジーを駆使し、人間に潜在する感情や感覚を発見、表現するための新しい「感情体験」の創造を目指している。
Born in Chongqing, China at September 21.1997. Majored in Digital Media Technology and Digital Media Art in Communication University of China. Graduated from Keio University Graduate School of Media Design. Her work encompasses the perception, understanding and communication of sensuality and emotion. From 2020 to 2022, She initiated and produced three experimental concerts to share aesthetic emotions. Now she aims creating affective experiences that expressing implicit feelings and sensations utilizing multimedia and technologies.

ダニー・ハインズ。横浜を拠点にマルチアーティスト、また研究者として活動している。現在、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の博士課程に在籍中、南澤孝太はじめ、齋藤達也、Kai Kunzeといった教授陣に師事する。ソニックアート(サウンドアート)を原点とし、ライブ感、記憶・記録、パフォーマンスにおける観客の存在とインタラクションの新しい形に重点を置いた作品を制作している。また、”Spectral Violet”名義でボーカロイド曲も発表している。
Danny Hynds is a multidisciplinary artist and researcher based in Yokohama, Japan. He is currently a PhD student at Keio University’s Graduate School of Media Design, under the direction of professors Kouta Minamizawa, Tatsuya Saito, and Kai Kunze. His work is deeply rooted in sonic arts with an emphasis on liveness, memory, and novel forms of audience presence and interaction. He also releases Vocaloid music under the name Spectral Violet.

ラグナー・トムセン。ドイツ出身。ゲームデザイナーとして、東京を拠点にPCやコンソール、バーチャルリアリティ、ロボットなど様々な媒体で活躍する。現在、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程に在籍中。エナクティビズムに触発され、ゲームというメディアは、私たち自身と私たちを取り巻く世界に新しい視点からアプローチするための道具であるとの視点を基軸に、ゲームを身体的な認知やコミュニケーションのための空間として定義し、研究対象としている。近年では、「デジタルツイン技術」がどのように遊びの未来を形成しうるのかを研究している。
Ragnar Thomsen is a German-born Tokyo based game designer working across a wide variety of mediums ranging from PC & Console, to Virtual Reality, to robots. Currently a PhD student at Keio University Graduate School of Media Design, he explores how digital twin technologies are shaping the future of how we play. Inspired by enactivist theory, his work examines games as play spaces for embodied discourse: Games as tools for us to approach ourselves and the world around us from new perspectives.

マルセロ・パドヴァニ・マチエイラ。ブラジル生まれのメディアアーティスト / クリエイティブテクノロジスト。現在、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程に在籍中。芸術活動と学術研究の両局面で、インタラクティブなメディアが私たちの認知にどのように影響するか、世界に能動的に関わるということが認識にどのような影響を及ぼすのかをテーマとした作品群を制作している。
Media artist / creative technologist born in Brazil. Currently a PhD student at Keio University Graduate School of Media Design. Both his artistic practice and academic research explores the effect of interaction in our cogntive proccess, that is, how does our action upon the world influences how we perceive it.

キンガ・スキエルス。ポーランド出身。東京を拠点にアーティスト兼研究員として活動している。現在、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の修士課程に在籍中。専門はインタラクティブ・ヴィジュアライゼーション、ゲームデザイン、グラフィックデザイン。
Kinga Skierś is a polish artist and researcher based in Tokyo. Currently a master's student at Keio University Graduate School of Media Design. Her specializations are interactive visualizations, game design, and graphic design.